安産守護祈願(帯祝い)

初穂料

 :5,000円より

授与品

 :安産祈願絵馬、安産御礼絵馬、安産お守り、腹帯守符

※戌の日以外も毎日受付

※代理参拝による受付可


妊婦さんと赤ちゃんの健康・無事出産を願って

 妊娠五ヶ月を過ぎた頃、家族揃って神社にお詣りし、安産守護をお願いする慣わしが古くから伝わっております。

中でも“戌(いぬ)の日”は、お産が軽いといわれる犬にあやかり、安産の祈願をするのに適した日であると古来伝えられております。安産を祈り、生まれてくる赤ちゃんの無事成長を願うことで、家族の絆はより深まることでしょう。

 

安久美神戸神明社では、安産祈願を戌の日に限らず毎日お受けいたしております。御祈願の際に岩田帯(腹帯)をお持ち頂けば、ご一緒に清めのお祓いをいたします。


腹帯について

岩田帯(いわたおび)と呼ばれるサラシ帯のほか、

便利なコルセット・ガードルタイプのものも多く市販されております。

・腹帯の形状は問いません

・腹帯はいくつお持ちいただいても構いません

・腹帯をお持ちでなくても御祈願はお受けになれます