神面奉製事業ご奉賛のごあんない

豊橋鬼祭は、昭和二十九年に愛知県の無形文化財、昭和五十五年には国の重要無形民俗文化財に指定されました。大昔から今日まで古式の形を崩さず継承伝承されてきた特殊神事が、歴史上また芸術上価値の高いものである事が認められた結果、文化財保護規則によって指定されたものです。

 

さて、皆様御存知のとおり、新たな時代・令和を迎えたことを奉祝し、当社では令和元年五月より神面奉製事業を開始いたしました。一連の奉製事業では、令和二年の鬼祭にて初披露となる「鼻高(天狗)」「赤鬼」の二面に引き続き、順次「小鬼」「青鬼」「宇受売命」「黒鬼」と合計6面の新調を予定しております。また、鬼祭に関わる装束・道具類が納められている「神庫(国登録有形文化財)」の木柵についても、経年劣化による傷みが目立ってきたため、同時に新造いたす予定です。

 

つきましては、この神面奉製事業にあたり、皆様からのご浄財をお寄せいただきたくお願い申し上げる次第です。この豊橋鬼祭を、先人より引き継いだ伝統を守るだけでなく、尊い古典として・郷土の文化財として後世へと受け渡すべく、赤心からのお力添えをお待ち申し上げます。

 

各  位

安久美神戸神明社

 

□事業概要

総事業費(予定):八〇〇万円

奉賛金募集期間 令和二年一月~令和七年十二月

御奉賛御礼品

 金壱阡圓:限定御朱印 神面奉製奉賛之證

 金伍阡圓:神面御用材使用 限定奉製御守

 金壱萬圓:特製御朱印帳用袋(三河特産・帆前掛け風)

 金参萬圓:神庫木柵板 芳名記載(個人名)

 金伍萬圓:神庫木柵板 芳名記載(団体名)

 

    尚、ご奉賛は上記金額に関わらずお受けいたします。